Free and Freedom

吉野裕行とかWESTとか滝翼とかポルノとかGLAYとか

吉野裕行に貢ぐと決めた日①

2月14日はよっちんさんに貢ぐと決めた初の接近戦からまるっと1年。お陰様で2016年は怒涛の吉野裕行イヤーになりましたわ〜!!

そういうわけで(?)、私がよっちんさんに堕ちた話をします。まずは序章。


2007年10月、アニメ『機動戦士ガンダム00』がスタート。その枠の前期にやってた『地球へ…』にだだハマりしていたので、そのまま見てみようと視聴。
なんだか難しい…よくわからん…でも毎週見ていた。そして気づく。アレルヤって可愛くて良い子。
主に声が可愛いと思い始め、二重人格のハレルヤも登場。優しくて争いを好まないアレルヤと、生きるために何でもした好戦的なハレルヤを1人で演じでいた。そのアレルヤとハレルヤの名シーン*1で、アレルヤの声優さんすごい…!となる。その声優こそ吉野裕行だった。
00目的でアニメ誌を買うとキャストのインタビューなんかも載っている。今までの経験から声優は顔を見てはいけないと思っていた私ですら「よっちん*2かっこいい!!!」って思うほどにイケメン。(でも小さい)
そのとき既に子安武人氏、杉田智和氏を特別好きだったが、吉野裕行氏もここに加わることとなる。私的声優トップ3は10年前から変わっていない。

携帯の待ち受けをよっちんさんにしたり、キャラソンを積極的に集めたりとそれはそれはハマっていた。
ガンダム00×コードギアスのイベントにも参加。そこで先述したアニメで感銘を受けたアレルヤとハレルヤのシーンを生で演じた。雑誌のインタビューで、最初はアレルヤとハレルヤを別撮りしていたと話していたのに、目の前で1人の人間が2人の会話、しかも心に突き刺さる演技をしていたのだ。「この人に演じてもらえて、アレルヤとハレルヤは幸せだな」と心から思った。

その後はアニメに出ていたら見る程度でイベントなどは全く行かないままゆるゆるっとファンを続けていた。
2013年、Kiramuneに加入することを知る。

Kiramuneとは↓
Kiramune - Wikipedia


「あの、よっちんが自分名義で歌うの?!アイドルみたいなことするの?!?!」と衝撃が走った。
ヤンキー役をやらせたら天下一品。自身もちょっとヤンチャ気味でキャラソン以外歌なんて歌わねーって言ってそうな人が、アイドルみたいなことをするなんて。私だけではなく、多くの人が驚いた。(声優界でも衝撃的だったらしい)
しかもメンバーカラーがピンク
元々ピンクが大好きな私は大歓喜。運命かな?と思うがまま、『Get Set』*3を購入、そしてキラフェス2014のチケットをエントリーし、見事に当選。よっちんさんの初舞台をこの目で見ることができた。
ぎこちない歌とダンス。それでも一生懸命歌っている姿は胸にグッときた。「やっぱりよっちん好きだな…」そう思って帰宅してすぐ、よっちんさんのドラマCDやシチュエーションCDを数点購入したのであった。

しかし、当時からポルノグラフィティGLAYタッキー&翼のFCに入っていた私はこれ以上抱えるものを増やすのを躊躇っていた。
増してや、KiramuneにもFCができてしまったので、2015年はよっちんさんから遠のいてしまった。

だが、出会いがあった。
今もKiramune仲間として仲良くしてくれている、友人3人との出会い。別の2次元的な趣味の繋がりで知り合ったのだが、この3人がKiramune好きのKSC会員と知り、「私もよっちん好きだよー、キラフェスも行ったことあるよ」「次のキラフェス行こうね!」と約束をしたのだ。

そこから少しずつ、よっちんさんの情報が私に入ってくる。

まず、3rdミニアルバムを出すことを知る。しかもリリースイベントのトークショー&握手会の応募券付き。行きたいなーと予約をする。これが運命の始まりだった

その前に、よっちんさんが浪川大輔氏と組んだユニット、Uncle Bomb*4がミニアルバムを出してイベントをやることと、キラフェス2016の日程が決まる。
どっちもKiramune仲間みんなで行こう!と決まり、キラフェスは1人2枚までしか取れないから私も会員になることに。FCは入らなくてもなぁ〜なんて言っていたが今は大いに活用している。(2年目に突入です)


2016年1月某日。
帰宅するとハガキが届いていた。そう、リリイベ当選のハガキである。
正直、当たる気はしていた。倍率とかそういう問題ではなく、当たるものであると信じて疑っていなかった。でも本当に当たったとなると、何をすれば良いのかさっぱりわからない。
他の声優さんとの接近戦経験者からアドバイスをもらい、絶対に言いたいことを決めて、当日を迎えた。

続く

*1:11話『アレルヤ

*2:吉野氏のニックネーム

*3:吉野裕行1stミニアルバム

*4:“弾けたおじさん”の意味。Uncleが親戚のおじさんという意味だと知ったのは名付けた後だったそうな…